上海浦東、パステル和(NAGOMI)アートのワークショップ
「ニジイロツバメ」
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 四季の丘の上の教会/30cmヴァージョン | main | オデカケツバメ/20151027 >>
ハロウィンパステル終了!
ハロウィンお絵かき看板

お天気が心配された10月24日、
朝イチは湿度が高めで気持ちが萎えそうでしたが、
何とかお天気ももってくれて、古北二期黄金城道歩行街広場での
互人多チャリティバザー、無事に開催できました。

互人多バザー1

いつも虹橋街道の皆さんは、ご立派な看板を作ってくださいます。
それにしてもインパクトのある「古北太太」の名前。

互人多バザー2

ハロウィンお絵かき1

まずは、一日パステルのブースに入ってくれる
3人の高校生ボランティアさんたちに実際に体験してもらいました。
描いてみないとおもしろさも難しさもわかりませんし、
何よりサポートの仕方がわかりませんから。

今回は、他の手作り体験コーナーと同様価格を15元に設定し、
できるだけ短い時間で絵が仕上がるよう、
色はオレンジ、黄色、紫色の3色に、
パステルを削る楽しみはいつかまた今度ね、ということで
先に削り出したパステルを用意。
紙はA6で、マーメイドではなく画用紙を地味に家で裁断しました。

オレンジに黒色の組み合わせがとても映えるものの、
いったん黒色を手につけると、そこらじゅう真っ黒になってしまうため、
今回は見送り。

型作りも楽しみの一つですが、こちらもいつかまた今度ね、ということで
淘宝網の幼児教材を販売するお店で型を購入。

かぼちゃやおばけに顔が描けるよう、オレンジの色鉛筆も用意しました。

代表の進士さんに「今日の目標は?」と聞かれ、
希望を込めて「30」と答えたものの、それは難しいかな〜と思いながらの
スタートでした。

案の定、最初はヒマヒマだったものの、
一度誰かが絵を描いてくれるとそれが呼び水になって人が集まってくるため、
最終的には終了時間の16時を過ぎても私たちは撤収できない状態に。
嬉しいかぎりです。

ハロウィンお絵かき2

中には2度来てくれたちびっこもいて、
最終的にはのべ38名の皆さんにお絵かきを楽しんでもらいました。
型の中に一つだけ「EEK!」という言葉があって、
なぜかこれがちびっこに大人気。
「キャーッ!」という意味なんだそうですね。
 
ハロウィンお絵かき3
 
今回、型で抜いたところに色を入れることは紹介しなかったのですが、
消しゴムを使わずに最初から型の中に色を入れて絵を描きたいという
女の子がいて、こんなかっこいい作品を仕上げてくれました。
絵が重なっているところもおもしろくて、
将来は芸術系の分野で才能を発揮する人なのかもかも〜と
羨ましく感じました。

ご来場くださった皆さま、
パステルで遊んでくれたちびっこたち、
何も指示しなくとも的確な仕事をしてくれた3人の優秀な高校生たちに
心より感謝いたします。ありがとうございました。
 
互人多のウェブサイトに掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。
スポンサーサイト
COMMENT