上海浦東、パステル和(NAGOMI)アートのワークショップ
「ニジイロツバメ」
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ハロウィンパステル終了!
ハロウィンお絵かき看板

お天気が心配された10月24日、
朝イチは湿度が高めで気持ちが萎えそうでしたが、
何とかお天気ももってくれて、古北二期黄金城道歩行街広場での
互人多チャリティバザー、無事に開催できました。

互人多バザー1

いつも虹橋街道の皆さんは、ご立派な看板を作ってくださいます。
それにしてもインパクトのある「古北太太」の名前。

互人多バザー2

ハロウィンお絵かき1

まずは、一日パステルのブースに入ってくれる
3人の高校生ボランティアさんたちに実際に体験してもらいました。
描いてみないとおもしろさも難しさもわかりませんし、
何よりサポートの仕方がわかりませんから。

今回は、他の手作り体験コーナーと同様価格を15元に設定し、
できるだけ短い時間で絵が仕上がるよう、
色はオレンジ、黄色、紫色の3色に、
パステルを削る楽しみはいつかまた今度ね、ということで
先に削り出したパステルを用意。
紙はA6で、マーメイドではなく画用紙を地味に家で裁断しました。

オレンジに黒色の組み合わせがとても映えるものの、
いったん黒色を手につけると、そこらじゅう真っ黒になってしまうため、
今回は見送り。

型作りも楽しみの一つですが、こちらもいつかまた今度ね、ということで
淘宝網の幼児教材を販売するお店で型を購入。

かぼちゃやおばけに顔が描けるよう、オレンジの色鉛筆も用意しました。

代表の進士さんに「今日の目標は?」と聞かれ、
希望を込めて「30」と答えたものの、それは難しいかな〜と思いながらの
スタートでした。

案の定、最初はヒマヒマだったものの、
一度誰かが絵を描いてくれるとそれが呼び水になって人が集まってくるため、
最終的には終了時間の16時を過ぎても私たちは撤収できない状態に。
嬉しいかぎりです。

ハロウィンお絵かき2

中には2度来てくれたちびっこもいて、
最終的にはのべ38名の皆さんにお絵かきを楽しんでもらいました。
型の中に一つだけ「EEK!」という言葉があって、
なぜかこれがちびっこに大人気。
「キャーッ!」という意味なんだそうですね。
 
ハロウィンお絵かき3
 
今回、型で抜いたところに色を入れることは紹介しなかったのですが、
消しゴムを使わずに最初から型の中に色を入れて絵を描きたいという
女の子がいて、こんなかっこいい作品を仕上げてくれました。
絵が重なっているところもおもしろくて、
将来は芸術系の分野で才能を発揮する人なのかもかも〜と
羨ましく感じました。

ご来場くださった皆さま、
パステルで遊んでくれたちびっこたち、
何も指示しなくとも的確な仕事をしてくれた3人の優秀な高校生たちに
心より感謝いたします。ありがとうございました。
 
互人多のウェブサイトに掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。
ブラッシュアップ講座に参加してきました
ブラッシュアップ講座20150823

8月23日、天満の天神さん近くで
パステル和アートのブラッシュアップ講座に参加してきました。

限られた時間の中で他の参加者の方々と一緒に
決まった枚数の絵を描くというのは数年ぶりのことで、
ちゃんとついていけるのかどうか心配でしたが、
和気あいあいとした雰囲気の中で絵を描くことができました。

今回は講師のうみちゃん先生が用意してくださったたくさんの作品の中から
参加者一人一人が一点ずつ絵を選び、それを描いていきました。

*あなたへ
あなたへ

「あなたには あなたの時間が流れている」
絵の中にはその「あなた」もちゃんといるんですが、
どこにいるかは、ぜひ一緒に描いて知ってくださいね。
山の仕上げが私の中の課題。


*島守の祈り
島守の祈り

この絵のエピソードは、「細谷代表の1DAYスクーリング」で
検索をかけていただければたぶん見つけられると思いますので
ここでは書かずにおきます。
私自身の想いがどうこうではなく、中国に住んでいる都合上の問題だと
ご理解ください。

魚は気持ち良さそうに海を泳いでいます。
今回、普段使っている「マーメイド」という紙を持参したため、
この絵の特徴の一つであり、その気持ち良さを魅せる技法の効果が
わかりにくくなってしまいました。
これは次回別の紙を使用することでクリアしたいと思います。


*四季の丘の上の教会
四季の丘の上の教会

ちょっとわかりにくいのですが、丘と空の境目がギザギザなみなみに
なっています。
色鮮やかでメルヘンチックな可愛い絵ですね。
教会のそばに柵を描くのを忘れていました。


*誕生
誕生

この絵は2011年の細谷代表の1DAYスクーリングで描いたことがありますが、
とにかくオーロラが思うように描けなくて、
その後も練習した記憶がないという作品でした。

うみちゃん先生もオーロラが苦手だったということで、
みんなでオーロラ描きに気をとられすぎて、
山を描くスペースを忘れてしまうという展開に。
まあ、こんな構図もたまにはいいんじゃないでしょうか。
オーロラはまだまだ課題。

新たに絵の描き方を教わるだけでなく、
参加者の皆さんの体験談や想いをうかがうことができて、
やっぱりみんなで描くというのは楽しいなとあらためて実感しました。

来年もまた参加するぞ。
うみちゃん先生、皆さん、ありがとうございました。

JUGEMテーマ:パステルアート
プラバンあそびもパステルで
 上海へ戻って来てから、家の周りはますます騒音まみれ。
北側の濱江大道延伸工事はもうかなり東へ移動しているのでよいのですが、
南側の東西通道と地下鉄のための工事は2020年まで続きますし、
さらには最近真下の家が内装工事を始めました。
工事の挨拶なんてありませんので、突然壁やら床を壊す音に驚かされ、
そこからだいたいの工期の想像をしながら、
数日後にはどんな音がするのかなどなど考えます。

そんなわけでしばらくはつばめのおやどに来ていただくのは難しく、
ご縁があれば外でWSを、と思っています。

プラ板工作

なーんて言いながら、家では最近ムスメとこんなことをしています。
ナツカシノプラバンあそびが、今はとっても進化しているのですね。
たまたまムスメが「プラバンやりたいねん」と言ったのと、
互人多でプラバンアクセサリーを作ろうという動きがおきていた
時期が重なったので、互人多でのプラバン活動にも
混ぜていただくこととなりました。
*互人多 手作り会のブログ「プラバン・ラボ始動

レインドロップ型のものはムスメの作品で、
ピアス用に作りましたが、本人が思っていたより大きかったようです。
その他は私の作品。
タイルは前回のラボのリベンジ。
これをいくつかくっつけてカタチにします。

その他はスタンプを押してみました。
すでにパステルを塗った後のところに押したので
ちょっとわかりにくいですね。

日本から買って来ていただいたダイソーの0.4mmのプラ板の片面に
サンドペーパーをかけ、そこに指でパステルを塗りこんでいます。
縮めた後は、色を塗った方の面にレジンなりトップコートなり塗らないと
地味〜に色が落ちるような気がします。
ザラザラにした分、艶もないですしね。

ムスメとやろうと言っていた時には、
淘宝網での検索がうまくいかなくてちょうどいい板を探せなかったのですが、
たまたま昨日、スタンプのクリーナーを探していて見つけました。
「熱縮片(rè suō piàn)」
……まんまやん。

早速注文入れました。
中国製のプラバン工作用のプラ板はどんなでしょう。
そのレポートはプラバン・ラボにて。

********************
パステルアートレッスンをご希望の方は、
nagomi@tsubakuron.net までお問い合わせください。
上海市以外の場所へは、
人数をまとめていただければ相談させていただきます。