上海浦東、パステル和(NAGOMI)アートのワークショップ
「ニジイロツバメ」
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カンタン・ランタン
カンタン・ランタン試作1

先週、ちびっこ向けの絵をずっと考えていた時に、
元宵節のランタンを思い出しました。

工作教室ならば、本当に元宵兎子灯を作ってしまえば良いのですが、
あくまでもパステルアートのWSですのでそこは控えて、
何かカンタンにできるものをと考えました。

その時、
自分が「。*。彩光パステル。*。Lumina」マイスター(※)であったことを
思い出しまして(おい)、ちょこっと作業してみました。
※ちなみに旧システムの時に取得しましたので、最新の情報等は持ち合わせておりません。
 これのWSを開催する予定もありません。


我が家にあったLED蝋燭では高さがありすぎて、
且つ色が黄色みを帯びていたため、小さい白色のものを入手してセット。
なかなか可愛いやん♪

ご希望があれば、ちびっこ限定の冬休み工作企画ということで
ご案内させていただきます。
詳しくはお問い合わせくださいませませ。
nagomi@tsubakuron.net
 
JUGEMテーマ:パステルアート
tori♡tori
tori♡tori

久しぶりのヨルツバメを控えて、
絵のサンプルを描きました。

今回来てくださるかたが「とり」さんなので、
鳥にちなんだ絵を描こうと思い、
最初は10月2日の重陽節にちなんで、
菊と山と鳥で行くぜ!とイメージしてみたのですが、
どうもしっくりきません。

今朝1枚、小菊がたくさん咲いている先に
鳥が二羽仲良くしている絵を描いてみたのですが、
なんだか気に入らなくて消してしまいました。

もう秋にはこだわらない!
と、思い直して描いたのがこの絵です。

技法のポイントとしては、
準インストラクター講座でも登場する、
葉脈を描く時のアレとか、
額縁のような、或いは端が色褪せた古い紙のような、
そんな感じに仕上げるアレが入っています。

木のカタチを変えたり、仲良しカップルの生き物を別のものにしたり、
或いは鳥に飛んでもらったりすると、全く雰囲気の異なる絵になって
またおもしろいのではないかと思います。
 
JUGEMテーマ:パステルアート
互人多さんのクリスマスツリー1
互人多さんのクリスマスツリー1 

まだすこーし先の話になりますが、
11月に互人多さんでワークショップを
開催させていただくことになりました。

作品のリクエストは
『多幸の木』のクリスマスバージョン。

『多幸の木』の絵の技法にはいくつかのポイントがありますが、
その中で最もおもしろいところである「くるくる」を
活かすことにして、サンプルの絵を描いてみました。

「くるくる」に隠れてしまっていてわかりませんが、
当初は木を型で作るようにしようと思っていたので、
もみの木が描いてあります。
当日はこの木の型は作らず、直接手で描いてもらうように
しようと思っています。

たくさんの方々とワクワクを共有できる機会に感謝。
告知が出たらまたお知らせします。

余談ですがタイトルが「1」なのは、
まだ他に色違いのサンプルを描く予定だからデス。


JUGEMテーマ:パステルアート
花火2点
 さて、『七夕デエト』でラメを振って激しく後悔したワタクシ、
気を取り直して花火の絵を描くことにしたのでゴザイマス。

唯一の悩みは、そこかしこ真っ黒になってしまうこと。
もちろん、黒を使わなくてもいいんですが、
やっぱり黒を使うと、他の色が映えるんですよね。

で、とりあえず描いてみた1枚目。

花火2013ー1

思った以上に花火が大きくなってしまい、えらいこっちゃ。
おまけにすみっこに描いてみた東方明珠が
しょぼすぎて、しょぼすぎて。
花火が浴衣地の模様ぐらいはっきりした線なので、
余計にしょぼさ炸裂。ううむ。

いったん夕食の支度をはさんで、再チャレンジ。

花火2013ー2

今度はなんちゃって外灘で、それっぽい建物を描いてみました。
やっぱり花火のモチーフをしっかり描き出しているぶんだけ、
風景部分は雰囲気を出すのが難しいなと思いました。

フィキサチーフをかけてから、右側の花火、もう一周ぐるりに
模様がつけられたかも、なーんて思ったり。

さあ、これでサンプル画は制作終了。
当日何を描くかが楽しみですな。にやり。

JUGEMテーマ:パステルアート
七夕デエト
 七夕デエト

候補の2つめは和アートで大人気のくじらの絵。
こちらは何枚か描いているので、サンプルは描かず、
3つめを昨日描くつもりがちょっと電池がきれまして、
今朝せっせと描きました。

テーマは「七夕」

空を背景に笹の葉と飾りものを描くのは気がのらない。
じゃあ天の川にオリヒメとヒコボシ??
……とまあ、しばし考えてみるも特に進展はなく、
空を塗り塗りすれば何か浮かぶでしょう、と
見切り発車で描き始めました。

空の絵を描く時には、もっと透明感のある仕上がりになることを
意識した方がいいだろうなと塗りながら思うも、
まあどこから見ても私、ですねえ。
やっぱりインストラクターとしてはこの課題はクリアしなくちゃねえ。
よし、今月の課題にしよう。します。

はじめは川の両岸からオリヒメとヒコボシが互いをみつめあっている、
そんな構図(よくありますね)を考えたものの、
どうもイメージできません。
サンプルはカンタンに描ける絵であることが大切(そこから
描き手の皆さんが絵を膨らませていかれれば良いこと)だと
思っているので、アレンジのしやすさを考慮して、
メインは夜空、そこに浮かんだ物語をひろげていく、
そういうカタチでいくことに。

「きれいな空やね〜」
「今日はお星さんたくさんみえるね〜」
なんて言いながら空を見上げているカップルだったり親子だったり。

そんな絵にしてみました。

七夕デエト2

ラメふったらうるさくなってしまった……。(後悔)


JUGEMテーマ:パステルアート
多幸の木
 多幸の木

来週、初めての方をお迎えするということで、
「まる」の他にもう1つ描いていただく作品を思案中。
今回候補に挙げているのは3作品。

こちらは和アートの『多幸の木』、つばくろんヴァージョン。

難しい技法は無いのですが、
そんなことしちゃうの!?という細谷代表のアイディアの素晴らしさに
いつも目がハートになっちゃいます。

ただ、初夏の絵って感じではないですねえ。
別の絵を用意してみよう。
マスキングテープ
マスキングテープ台


夏に一時帰国した際に買ったマスキングテープと、
鳥のテープ置きデス。

以前、ココロンで一緒に活動している泥女ちゃんに
どうせはがして捨ててしまうテープなのに、
カワイイテープを貼るなんて馬鹿じゃないかと言われたことがありました。
(もちろん冗談っぽくですよ)

私も最初は色や柄のついたテープを貼ってどうするよ、と
思ったことがあるのです。
ですから最初は普通のセロハンテープを使用していました。
色や柄がついていると、描く絵の邪魔をするんじゃないか、
そう思ったからでした。

しかし、テープを何種類か揃えてみて、目の前に並べた後に
「今日はこんな絵を描きたいな」と思いながらテープを見ると、
額縁のデザインを選んでいるようにも思えて来て楽しくなってきたんですね。

描く時にテープを汚さなければ
そのまま貼ったままにしていてもかまわないわけですし、
或いはわざわざ新しくテープを貼ってみてもいいわけです。
色紙を台紙にして飾るのもいいし、テープを貼るのもいい。
とにかく額に飾らなければならないという既成概念を持つ必要はないわけです。

それにほんのひとときの間のことではあるけれど、
テープを選ぶワクワクもあっていいんじゃないかな、
そのためにいろんなテープを用意するのは、私自身も楽しいことです。
つばめのおやどに来てくださる方が
皆さん同じように楽しまれるかどうかはわかりませんが、
「何にしようかな〜」という選ぶ楽しみも提供できたらもっと楽しいな、
そんなふうに思うのです。

テープの数はだいぶ増えまして、
自分自身のためだけなら選ばないかなという柄もいくつかありますが、
それも並べていると楽しいです。
大阪で買ったものだけではなく、上海でもいくつか買いました。
質はやっぱり日本製がいいなと思いますが、
ずっと貼り続けるのでなければ問題無いなという粘着力でした。

私はこのテープを紙に貼るという作業からすでに
絵を描くワクワクが始まっていると考えています。
このテープ貼りの作業も大切な工程の一つだと。
実際、いつもヨルツバメに来てくれるjinjingちゃんも
毎回このテープ選びを楽しんでくれています。

金曜日のココロノ花束プロジェクトでは、
残念ながら時間の都合と運ぶ荷物の都合で
すでにテープを貼り終えた紙を使用します。
参加してくださる皆さんにもいつか
テープを貼るところから始まるワクワクを感じてもらえると嬉しいです。
(透明なテープを貼るのもワクワクしますよ!)
クリスマスリース2点
昨年ワークショップを開いた際には、
皆さん初めてとは思えない手際と思いきりの良さで、
次回は最初からもっと技法の説明を加えてもいいんじゃないかと
思ったりもしましたが、
初めての方にも手軽に描いていただけるように、
また、デザインに凝ったり、複雑な工程を経なくても
絵は描けるんだということを知っていただけるようにという
基本の考えを忘れず、サンプル画の制作にあたっています。

今年のメインはクリスマスリース。
パターンとしては2パターンの準備を想定しています。

クリスマスリース1

1点目は、ひたすら丸を描いていくことで描き上げるもの。
丸を描くのに型を使うもよし、
色を全面に塗って消しゴムで描いていくもよし。
消しゴムバージョンはまだ描いていませんので、
描き次第ご紹介しますね。


クリスマスリース2

2点目は、クリスマスリースの土台となる部分を描き、
そこに飾りをつけていくもの。
家で描く場合なら、シールをペタペタ貼って飾りつけしても
楽しいですね。

クリスマスリースの絵には、
持ち帰ってすぐに飾っていただけるよう額をおつけいたします。

ぜひぜひ12月14日のココロノ花束プロジェクト
おこしくださいね。
ひまわりさんの美味しい玄米ランチも待っています。

JUGEMテーマ:パステルアート
雪だるま・おかわり
雪だるまーloveー 
ワークショップの持ち時間から計算してみて
雪だるまの絵にはあまり時間をかけられないことと、
せっかくなので1枚はグリーティングカードにしようと思い、
仕様を変えてみました。

ウォーミングアップのための作品ということで、
基本の構図だけはこのまま使ってもらうようにして、
半分だけの雪だるまのパーツの色と背景の色、
そしてメッセージの文字は好きなように描くという設定にしようと思います。
それだけでも十人十色のカードができるでしょう。
うふふ、楽しみデス。
雪だるま3点
 今年もまた12月にCocolong Shanghai
ココロノ花束プロジェクトでワークショップをやります。

今回は雪だるまとクリスマスリースを描きます。

告知用にサンプル画像が必要なので、
まず今日は雪だるまの絵を描いてみました。

雪だるま1

帽子とマフラーの色が同じなのはイヤだなと思ったので
帽子はペアにすることにしたのですが、

が、

が、

が!!!

描いてみたらキャベツをのっけてるかのようになってしまいました。
おまけに右の雪だるまったらどう見ても鳥やし。

ムスメには「おかーさん、まゆげ好きやなあ」と笑われるし。

うーん、ちょっとラブラブな雪だるまにしたかったんやけど、
何かが違うなあ。ま、ええやん。


雪だるま2

2枚目は、雪だるまの部分に色鉛筆を使って、
わざと輪郭を描いたりしてみました。

これまたムスメには「まゆげおかしいし」と言われ、
さらには「雪だるま無い方が好きやわ」と
ダメ出しされてしまいました。


雪だるま3

3枚目はずらーっと雪だるまを並べてみるつもりでしたが、
これを当日のサンプルにしようと思ったので、
後ろに並べるのはやめました。
描いた絵というより、紙を切り貼りして作ったもののように
見えたりしませんか?? 見えないか。

1つの型を使い回して、顔や腕は綿棒を使って描いています。
帽子の模様、左のものは消しゴムではなくカッターを使って描いていまして、
ちょっとしくじりました。まあそれもご愛嬌ということで。


次回ココロノ花束プロジェクトの詳細は、
後日ご紹介しますが、
開催日は12月14日(金)デス。
どうぞよろしくお願いいたします。

JUGEMテーマ:パステルアート